アダルトスパム対策に、コメント欄に禁止ワードを設定しました。

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



中華街の武器屋

...2008/06/29 20:23...

色々な場所へ行った1日でした。

まずは髪を斬りました。
次に服を買いました。
そのまま中華街へ遊びに行き…
最後は久し振り久し振なNAGAHAMAでした。

で、今日はその中華街の武器屋について話そうと思います。

中華街でさんざん食べ尽くした我々一向は帰路についていました。
かなり食べていたので、腹ごなしのつもりでブラブラと店を冷やかしながらしていたのですが…

武器屋



めっちゃ怪しい看板発見!!

こういうのを見ていてもらってもいられない我々は、真夏の蛍光灯に群がる昆虫のように店の中へと足を運んでいくのでした…


「いらっしゃい!」
お店に入ると武器屋のオヤジが快く迎えてくれます。
お店自体はたいして広くない規模ですが、クオリティがヤバイ。

まずオヤジの外見がトルネコにそっくり!(そこかい)
外見の通りに気さくな方で、不思議そうに見たことない武器を見ていると、その武器の由来や原典、特徴や使い方(笑)をどんどん教えてくれます。
このオヤジ、夜はお店で武器商人をする傍ら、昼は自分で「てつのきんこ」を背負って洞窟へお金を稼ぎに行ってるそうです。

お店の壁には主に中国系の武器が飾られて並んでいます中華系武器

中国にいる伝説の武将や物語の主人公が使っていた武器のレプリカが飾も飾られています。三国志等の有名な武将の武器もたくさん飾られていました。

お店の奥に会計がありますが、オヤジの背後にはたくさんの日本刀が飾られていました。

演劇用に軽く作られているものもあるそうですが、ほとんどはれっきとした模造刀だそうで…珍しそうに見ていると、持たせてくれました。
鉄製なので非常に重たかったですが、本物を完全に再現しているそうで「刃紋」まで再現しているそうです。日本刀マニアじゃないので見てもわかりませんが、美しさを感じました。

オヤジさん、抜刀する姿が非常に様になっていてかっこよかったです(笑)

さらに奥には西洋の武器なんかが飾られていました。こちらは実在したものの再現というより、物語にでてきたものって感じでした。
武器屋2
ほんとうにもう、誰が使うんだ?って感じのがゴロゴロです。

誰がって、実際に映画で使われたらしいですが…
使われたののレプリカもあるそうですが、逆にデザインを見てから映画で使いたいって決まったものもあるとか…なんだか奥が深いんだか底が浅いんだかわからない世界です。

看板

演劇関連の人がおもな購入者だと思ったのですが、意外と普通の人も買って行くそうです。
時代劇とか映画で登場した武器なんかが売れ筋だそうで、毎日何名もの
勇者様が魔王を倒す武器を購入されるそうです(笑)

ちなみに、店内の撮影とBlogへのアップは快諾してくださりました♪
トルネコだけにフトッパラです
なお、武器を持って構えたりしている状態での撮影やアップは禁止だそうです。
みなさんも、遊びに行く際は気をつけてください。
いや、ぜったい遊びいったほうがいいよ!

中国武器 ちんろんたん
お店の紹介ブログです。
アクセスはこちらを見てください♪

あぁ、もちろん私もちょっとしたものを購入しました。
オヤジが楽しすぎるのでまた遊びに行きたいです。
武器は…うん。
「おっと、お前さんはそいつを装備できないぜ?
それでも構わないかい?」

と言われてしまうので購入は…だいぶ先になりそうですね(笑)

武器は全部「刃」を落としてあるので危険はありませんが、それでもやはり武器。
重量もそれなりにありますし、見た目もゴツいです。

この記事を見て購入を考えた人も、ちゃんと考えてから買いましょう!
スポンサーサイト








この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://baruderama.blog58.fc2.com/tb.php/144-80efa939
CALENDER
07 ⇔ 2017/08 ⇔ 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
バナーのあるLINK

S-kingdom

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。