アダルトスパム対策に、コメント欄に禁止ワードを設定しました。

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



京都へ行って参りました

...2006/12/01 13:05...

3泊4日(そのうち2泊は夜行バス)の大阪・京都旅行に行ってきました。

この季節の京都は年内を通して一番人気があるようで、ガイドブックにも注意書きがしてありました(笑)
赤や黄色、綺麗に色付いた山を背景にある寺院や古い建造物。

過去の世界にタイムスリップしてしまったと思うような街並み。

お店に入れば雅な京言葉で出迎えてくれる。


たいした興味もない町が、たった一日で大好きになってしまいました。


今日の日記は画像が非常に多くなっています。
回線速度の遅い方には申しわけありませんがご了承ください。


続きを読む




四条大橋から


今回の旅の出発点、四条大橋から撮影した京都の町です。
四条は京都有数の繁華街であり、また祇園というもう一つの繁華街もあるので非常に人が多く賑わっていました。
駅の周りはどちらかというと現代の街並みになっていましたが、所々に古い建物があるのが何とも観光地らしかったです(笑)


祇園の中で私が興味を持ったのは花見小路通りという通りでした。
祇園を通る四条通りから脇道に入る小さな道だったのですが、そこは古い建造物や雰囲気を残す地域らしく、道の両脇の建物は殆どが木造、電柱や電燈も置かれていない徹底振りでした。


京都の街並み


祇園を出て東山へと入っていくあたりの街並みです。
これはどちらかというと裏通りにあたるのですが、裏通りなのに油断も隙もないというか、雰囲気を壊さない素敵な街並みになっている京都に感服です。
なぜ裏通りを通ることになったのかというと、同行してくれた人が方向音痴らしく一度通った道でないと迷子になってしまうという事なので裏通りを歩くことになりました。
表通りと違い人が殆ど歩いていなかったので、のんびりと自分のペースで歩き、楽しむことが出来ました。



京都の庭園


一年坂に入るちょっと手前で撮影した庭園です。
どこかの旅館や料亭に迷い込んでしまったような立派な庭園が自由に出入りできてしまうのが凄いところです。
残念ながらこの庭園で紅葉を楽しむことは出来ませんでしたが、いかにも京都らしい雰囲気を味わうことが出来ました。

ここから清水寺へと向け、一年坂、二年坂、産寧坂(三年坂)と勾配の急な登り坂が続いていきます。
清水寺というのは山の上にありひたすら山門を目指して細い階段を登っていくものだと思っていましたが、どうやらこの坂を登っていくようです。
お土産屋や食べ物屋が沢山並んでいました。
京都は道が細く、さらにここは山になるため車が全く入り込めないようで気楽に歩くことが出来ました。



清水寺仁王門


清水寺の入り口、仁王門(重要文化財)です。
とにかく巨大でした。
修学旅行生や観光に来ている人がいっぱいいますね(笑)



清水寺、舞台


こちらが有名な清水の舞台です。
ここから飛び降りるという言葉があるくらいだからどれほどの崖にあるのかと思っていたのですが、思ったほど高くなかったです。
ビルの4~5階程度かな?
昔の人には高かったのでしょうけど…

なんて思っていたら大違いの思い違いをしていました。
なんと清水の舞台
傾 斜 し て い ま し た
大した角度ではないのでしょうが、高さと相まって恐怖感倍増です。
崖の下に吸い込まれるような不思議な力を感じました。

清水の舞台と紅葉


こちらは舞台と紅葉をあわせての撮影です。
鮮やかに色付いています。素人のクセにいっぱしの写真家を気取れると勘違いするほど被写体が素敵でした。



清水の舞台を下から


そして最後、これは珍しいと思いますが清水の舞台を下のアングルから撮影しちゃいました。



これ以外にも、高台寺(豊臣秀吉とその妻、ねねが葬られたお寺)など色々な場所を回ってみました。
一日では東山地区の本の一部を回るのが限界でした。
是非また遊びに来て、日本の古都を満喫してみたいと思います。

たった一度来ただけなのに、もうこんなにも行きたくなっている…
そんな不思議な街でした。


最後になりますが、同行してくれた方、現地で右も左も分からない私にアドバイスをくれた方、イカ焼きやジャンプショップの目の前のカフェを教えてくれた方、そのほか数え切れない人達

ありがとうございました。
スポンサーサイト




紅葉の京都・・・良いですねぇ~~♪私も西のほうへ行くときは立ち寄るのですが、冬に行くことが多いせいか、8割がた雪景色の京都です(^_^;)いつか紅葉と桜の京都に行きたいなー。
ちなみに、私が京都行きに使う夜行バスの名は「よかっぺ号」・・・あんまりなネーミングだと思いませんか?
【2006/12/07 10:44】
URL | ゆきの #3v9IlUEY[ 編集]




この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する







この記事に対するトラックバック
...トラックバックURL...
http://baruderama.blog58.fc2.com/tb.php/39-9040e156
CALENDER
07 ⇔ 2017/08 ⇔ 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
バナーのあるLINK

S-kingdom

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。